投資と競馬予想でチャンスを生み出すコツ

投資競馬

株式において経済学者の予測は期待ほど当たらないとよく言われている。だから学者の理論がすべて役に立たないものだと断言していいのだろうか。

答えは「ノー」だ。投資で成功した人のほとんどは経済学者の理論をベースにしているからだ。あらゆる勝負では論理なくして勝つことはできない。

大物投資家バフェットでさえ経済学者グレアムの教えを生涯大事にしてきた。その影響はいまだ衰えず、その事実だけでも理論の大切さがよく分かる。

経済学者の予測が役に立たない理由として考えられること。それは現実なつながりを理解するためのアナログ思考に欠けていたせいではないか。

あくまで市場を動かすのは人間の感情であり、時として理にかなった行動をするとは限らない。今の株価が、ただの気まぐれではないと誰が断言できるだろう。

バフェットは自分が理解できる対象だけを評価することを信条としてきた。決して無理をしたわけではなく、自分なりの感性で買わなきゃ損な株を見つけたら買う。

そのゲームを繰り返した結果、お金が増えてしまっただけに過ぎない。お金がゴールならとっくに隠居しているはずだがいまだ第一線で活躍している。

逆説的にゲームのように楽しめなければバフェットにはなれない。偉大さを備えるために論理を説く専門家を否定しないことを第一信条としよう。

その論理に愛すべき所があれば、それは大きな収穫なり。そう考えて行動できれば自分に合った投資手法が身近にあると分かるはずだ。

ゲームのように失敗する

バフェットから学べることは多いが例外的な存在である。ほとんどの投資は彼が行うほどスムーズにはいかずスランプがつきまとっている。

スランプがない人は存在するだろうか。そう見せない人はリカバリーテクニックに長けているだけで実はよく失敗している。

ゲームが上手くなるためには失敗を避けることができないように成功し続けるというのは神の手でもなければありえない話だ。

いちいち失敗のたびに落ち込む必要はなく、むしろ自分の進歩のために失敗をしていく方が得るものが大きくなる。

しかし、どんなに頑張っても上達しないジャンルはあるもの。そういう時は視点を変えて自分に合いそうなものを探した方がいい。

まずは一通りやってみることで感性にあうかぐらいはスグに分かるだろう。バフェットだって理解できるジャンルの株しか手を出さないのだから。

ゲームは無限に失敗できるが、投資では小さく負けることを心がけたい。さっさと負けて、さっさと学ぶほうがスランプは小さくて済む。

このようにスランプになることを前提に動くこと自体がリスクヘッジになるのだから素早く小さく数多く失敗した方が良いのだ。

競馬予想

競馬には馬を調教したり馬に乗る専門家はいるが競馬予想の専門家となるとどうだろうか。一気に胡散臭さを感じる人も多いだろう。

そうであってもやるべきことはたった1つしかない。自分の感性に合いそうなロジックを見つける。ただ、これだけだ。

そのためには価値があるなしに関わらず色々と手をだしてみるべきだ。それらが線で結ばれた時に新しい発見があるかもしれない。

その時はなぜそうなるのか意味が分からなくても経験値をためていくことで繋がりが理解できるようになる。

まずは自分の感性を表現できるツールを揃えること。そこがスタートラインであり、自分を表現できるようになってから結果にこだわるべきだろう。

それはアーティストが自分を表現するための道具を探すことと似ている。芸術には万人が納得するような完璧な答えがない。それは投資や競馬予想も同じである。

それぞれが学んだ技法が同じでも表現や絵は違ってくるもの。ある人には意味があり、ある人には意味がなかったりする。

競馬新聞はある方がいい人もいれば、そうでない人もいるだろう。自分を基準にして準備することが成功を高めるコツだ。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

投資競馬
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました