3連単や3連複などの馬券で有利なレースを選びだし回収率を爆上げするためのテクニック

馬券の買い方

3連単はリスクヘッジを生かした買い方をしないと資金がショートしやすい券種になります。パチンコやパチスロのように大きな配当を狙うのではなく、資金の回転率を上げることを意識できれなければ損失を重ねるだけでしょう。

競馬では予想力があっても確率に縛られる事実を知らない人が多くいます。たとえば、1番人気を買い続ければ60%は3着以内に入るのですが、これを知ると知らないのでは、あらゆる価値を見誤る可能性が高くなります。

低確率な穴予想家の本命馬を1番人気の水準で評価することは正しくないように、まずはしっかり競馬を確率で見られるようにしておくことが前提になります。

データ分析の時間コストを圧縮する

現代競馬では予想力の重要性は極めて低くなっています。少なくとも配当アップには貢献することはなく、しないで馬券を買うよりマシな程度と認識してください。

予想力の水準を上げるには「データ分析力」を向上させることです。レースやパドックを何回も見直して好走要因や敗因を特定したり、レースラップ分析から恵まれた馬やそうでなかった馬を特定したり、馬場分析から…このような分析を延々と地道に行うことは非常に重要です。

しかし、ほとんどの人は間違いなくサボっています。なぜなら、ものすごく手間がかかる上に専門的すぎるからです。働いている人なら、その過酷さに諦めの方が先行するでしょう。

だからこそデータ分析は代行してもらう意識が重要になります。数字が並ぶだけの見づらい馬柱をデータ解析して分かりやすくビジュアル化しているURA競馬新聞はまさに最適なツールになります。

競走馬の調子や前走の不利がアイコンで表示されるだけでなく、レースラップ分析での予測やレース当日のリアルタイム分析まで行う唯一のプロ御用達サイトを上手に活用しましょう。

データ分析をしていない競馬予想は運試しと同じであり、そのような馬券が長期的にプラスに向かうことはまずありえません。

ワンチャンスを得るためにデータ分析を行うのですが、これは個人でやるとかなりの苦行になる上、最初はやり方も分からず精度もうまくでません。

資金管理とレース選びに集中する

競馬は予想力のゲームをしているうちは勝てる可能性はほぼゼロだと分かってきました。だからこそ主催者は専門紙と結託し世界一の売り上げを達成できたと言えるでしょう。

そのような過剰に負ける構造から抜け出すことが先決です。URA競馬新聞を使えばレースの見直しポイントが分かるため、たとえば前走で不利のあった馬を中心に見ていくことで利益ポイントを効率的に把握できるようになります。

そして、レース当日のためにイメージを整えておくことが大切になります。なぜなら、穴馬は当日の変化を確認することで理解が進むようになるからです。

誰でも分かる強い馬を人気通りに当てているうちは配当はアップしません。価値あるリスクを取って穴馬を買うことが大切になりますが、これも手広く買うより効率良く買えるようになるほど勝てる見込みは高くなっていきます。

そして、何より大事なのが根気です。「全力では走らないからこそ馬具漬けになっている競走馬」と「ミスする要因として存在する騎手」という他力の存在があるからです。

初心者の頃は自分の思い通りの結果にならないとヒステリックになったものでした。しかし、これはオモチャ売り場でダダをこねている子供と同じあり、現実はそうなのだから受け入れなければ先に進めません。

それからは長期的な視点に切り替えたことで「馬券の80%は勝ったり負けたりの平凡なのが普通」と気楽な気持ちで馬券を買えるようになってきました。

よくよく考えればパチンコだってそうなっているじゃないか。予想力を過大評価してきたからこそ、馬券の買い方も間違い続けてきたんだと自覚できるようになりました。

大事なのは20%を占める大きなリターンとなっている買い目であり、それが何なのかを知るには自分の馬券履歴を見るだけです。これを意識できるようになった今では買うべきレースや勝負すべきレースが以前よりハッキリするようになりました。

予想力で決めた当たりやすいレースで勝負することを止めてから損失は減り続けています。今では自分が得意とするダート短距離を勝負ベースに考え、その他は80~90%、幸運な的中で大損しなければ上々だと考えています。

予想力への信仰を見直すべし

券種研究家のミカミです。主催者のマーケティングによって予想力は過大評価を受けるまでになりました。これしかないと思わせることで大きな売り上げを達成してきたのです。

しかし、現実はこの術中にハマるほど上手くいかないものでした。JRA-VANは必要だからこそ付き合い方を上手く考えないといけない。

その対策として第三者のツールを使うことは必須だと考えてきました。データ分析のほとんどを肩代わりしてくれるものなら最高でしょう。

配当に貢献する穴馬は各ファクターの影響を受けて確定します。これはスロットのリール抽選のイメージに近いかもしれません。

そのリールの数が2ケタあるなしだと考えてみれば、馬券が上手くいかなくて当然だと分かります。それゆえ当日に近いデータを頼りに配当に貢献する馬を見出し、自分の強みに沿った馬券を買えるかが成否を握ると言えます。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

馬券の買い方
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました