Youtube動画はタイパやコスパに優れているとは言えない!?優良競馬情報を探すコツ

競馬情報

競馬情報を得るためには、インターネット上にはさまざまな情報源が存在します。その中でもYouTube動画は人気のある手段の一つですが、一方でコスパ(コスト対効果)の面から見ると、効率的な方法とは言えないこともあります。

ほとんどの動画にはソース元があり、本やブログなどのメディアがほとんどです。動画は見た時間で収益が変わる構造上、ムダに長くしてたあったり、ムダな情報を詰め込んでいることも少なくありません。

それを有益に見せる工夫は視聴者にとっては貴重な時間の浪費につながってきました。どのような考えで動画を見ているのか、これからも見る必要があるのか考えてみましょう。

情報の拾い出しに時間がかかる
YouTube動画は、視聴するために一定の時間を要します。動画を見ている間に、必要な情報を抜き出すために多くの時間を費やすことがあります。一方で、テキスト情報を読むだけで必要な情報を素早く収集できることがあります。最近ではタイムラインに工夫がありクリックで早飛びもできますが、その作業も効率とは対極になると言えるでしょう。

動画の冗長さと主題のずれ
競馬関連のYouTube動画には、冗長な内容や本題から外れた話題が含まれることがあります。情報を得るためには、そのような冗長な部分をスキップしなければならないため、効率的な情報収集とはいかなくなります。見るべき情報が絞れているのならテキストの検索エンジンを活用する方がタイパが良くなるでしょう。

データの比較が難しい
YouTube動画では、複数の情報を効果的に比較することが難しい場合があります。一方で、テキスト情報を読むことで複数のデータを並べて比較しやすく、客観的な判断がしやすくなります。自分なりにデータ解釈を得たい時には動画は適していないかもしれません。自分なりにメモを取ったり余計な作業をすることを覚悟する必要があります。

雰囲気に影響される
データは見せ方や誘導の仕方で信頼できると思わせられる可能性があります。そこに強く反応してしまうことで客観性を欠いた予想になることもあります。絶対に自信がある根拠に見えたとしても、そこで決断せず時間をおいて冷静になってから判断しても遅くありません。ノリやお祭り騒ぎを楽しむために買うのでなければ冷却期間を設けたほうがいいでしょう。

映像的な価値があるものでなければ、動画はタイムラインを10クリックもすれば内容が分かります。それをするならブログなど活字で目を通すほうが圧倒的にタイパに優れていると言えるでしょう。エンターテイメントとして楽しんでいたとしても、動画は脳疲労が高く集中力を低下させることが分かっているので感じにくい弊害に気を付ける必要があります。

競馬情報を得る際にYouTube動画を使うことは、情報の収集に時間がかかる、冗長さや信頼性の問題がある、データの比較が難しい、更新の遅れがあるなど、コスパが悪い要因が存在します。自分の馬券に役立つ情報を効率的に収集したいのであれば、自分なりに情報を切り取れるニュースサイトやブログなどのメディアが結局は効率的かもしれません。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

競馬情報
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました