常識を疑ってかかる方が得をしやすい理由

スタディ

競馬予想においては、過去の経験則をもとに語り継がれてきたような様々な常識やルールが存在します。しかし、時折これらの常識を捨てることが、意外な成功への一歩となることもあります。

たとえば、パドックで毛づやを見たり、歩様を見たりすることは本当に意味があることなのか。それよりも他に集中した方が効率は上がるのではないか。

実際に今では厩舎の外で仕上げる施設が充実してきた現代では競走馬の仕上がりは安定するようになりました。以前はすべて厩舎で行っていたため十分に仕上げられないことが多かったのです。

このような古い考え方をしていると貴重な時間や資金を労費することになりかねません。本記事では、競馬予想の常識を捨てるメリットとその理由について考えてみてください。

常識の制約からの解放
競馬予想の常識にとらわれることは、今までになかった新しいアイデアや切り口を封じる可能性があります。実際、基本的な予想プロセスは100年も変わっていません。このような常識を捨てなければ、新しい視点やアプローチを取り入れる余地を広げたり、より創造的な予想が不可能になるでしょう。

パターンの変化を捉える
競馬の世界は常に変化して、そのスピードも人間社会を圧倒します。馬や騎手のコンディション、コースの状態、天候などの要因が影響しあうことでゴールの着順が確定します。この絡み合い方にも強弱があり、最近では異常気象による急激な天候変化に影響に対応することが必要になってきました。以前は前日に大勝負するような人もいましたが、このような時代では前日に馬券を買うリスクが高まっています。

考察する楽しみ方
競馬予想は楽しみの一つですが、常識に縛られて予想することで、特定の意識に悩まされることがあります。確かに馬券は的中しないとリターンはないので当てたい気持ちは分かりますが、逆に当てようとしすぎると、リラックスできなくなり集中力や判断力が鈍ることになりかねません。競馬は予想力の勝負ではなく、新しい事実に気づくゲームという見方をするほうが配当面からは正しいと言えます。予想はほどほどにして考察に切り替えてみると新しい発見があるかもしれません。

独自のアプローチを追求する
今までの常識を捨てることで、独自のアプローチを模索する機会を増やすことができます。過去の結果や統計だけでなく、過去の経験にもとづく直観や直接的な観察に基づいた予想も一つの方法と言えるでしょう。私は、積極的に競馬以外の理論を取り入れるようにしてきました。競馬という狭い世界ではなく、その外にでてみることが今までと違った視点を増やす方法になります。

成功体験の確立
人が常識に頼るのは、それが生命の安全に直結していた、遠い古い時代の名残です。みんなと同じ行動していれば安全だというわけです。しかし、現代では死ぬ可能性は人類史上において最も低い時代になりました。つまり、無意識に重視している常識が間違っていたとしても誰も気にすることはないのです。今に目を向ければ、「昔の常識が今の非常識」になりそうなことを発見できるのではないでしょうか。常識を捨てて成功した経験は、自信をつける要因となります。新しいアプローチが予想を的中させた時、自分の選択が正しかったという確信が生まれます。自分を再発見する良いきっかけにもなるので、全ての常識を疑ってみるのもいいでしょう。

競馬予想の常識は先人の知恵として一定の価値があります。しかし、その枠に縛られず、柔軟な思考でアプローチすることでのみ、今に対応することができるのです。いまやスマホという先進技術を持ち歩く時代に、紙にあるデータや馬柱にあるデータに頼りきることが本当に正解なのか考えてみてください。もう100年もそんなことしているのかと思えるようになれば、いまだ到達できていない領域があることを知るきっかけになるかもしれません。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

スタディ
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました