六韜三略を駆使する「太公望の馬券戦略」を考案してみた

馬券の買い方

六韜三略は、古代中国の兵法書であり、戦略と策略に関する重要な教えが記されています。これらの教えを競馬予想に応用することで、より的確な馬券選びや戦術を行い、回収率を向上させることが可能です。

本記事では、六韜三略を競馬予想に生かした戦略について考察してみたいと思います。

仮説を駆使する(六韜)
六韜の教えには、予測不可能な立ち回りを実現するための戦術が含まれています。競馬予想においても、時には公に知られていない情報や予想外の要素を取り入れることが重要です。一般的に知られていないトレーニング状況や馬主の意向などを把握し、仮説を駆使して予想を立てることで、他の予想家と差別化を図ることで回収率のノビシロを高めることができるでしょう。

選択と集中(三略)
三略には、戦場での選択と集中の重要性が強調されています。競馬予想においても、複数のレースや馬券に賭けるのではなく、自分が得意とする条件やレースや買い目を絞って選択し、集中的に取り組むことが大切です。自分の得意な条件や距離、馬場状態に合ったレースを重点的に分析し、的確な予想を行うことで、的中率と回収率を向上させることができます。

声を上げることなく利益を得る(六韜)
六韜では、声を上げることなく敵を打ち破る方法が説かれています。競馬予想においても、他の予想家と差別化を図りつつ、地道な活動を通して利益を上げることが重要です。SNSを活用したりするなど自分なりの情報ルートを開拓することで着実に的中を重ねて利益を上げる姿勢が回収率向上のカギとなります。

反復の重要性(三略)
三略では、戦略の反復と継続が重要であると説かれています。競馬予想においても、一度の的中や失敗に囚われず、継続的な取り組みと反復を行うことが必要です。過去の予想を振り返り、改善点を見つけて戦略を磨くことで、より高い回収率を実現することができるでしょう。

こうしてみると出来そうなのにやってないことが見えてきたのではないでしょうか。自分に出来ないことなら誰かにやってもらえばいい。いまの競馬予想は個人が何でも負担しすぎていることも問題です。そのせいで中途半端に予想してしまい馬券収支を悪化させているからです。

六韜三略の教えを競馬予想に応用することで、今あるデータだけに捉われない立ち回りを実現することができます。自分の視野を広げ、あらゆる可能性に心を開いていくことが新しい境地に至る第一歩になります。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

馬券の買い方
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました