競馬予想家やプロ馬券師でもハズレを重ねることで冷静さを取り戻していた

心理

競馬のみならず競艇・競輪・オート予想は情報の収集と客観的な分析が不可欠ですが、プロ予想家であっても人間ならではの心理的な要素が影響することがあります。

客観性を保つことが求められる競馬予想において、願望や感情が無意識のうちに判断に影響を与えることは避けられない側面です。では、感情的になった時にどう冷静さを取り戻すのか。

ほとんどの場合、馬券のハズレを伴うことで自信過剰や傲慢な態度で買っていたことに気づきます。予想は現実に沿わない決着イメージを描いてしまう理由はなんなのか。本記事では、プロの競馬予想家が願望による影響を避けるのが難しい理由と、それを軽減するための方法について考察します。

人間ならではの心理的要素
プロ馬券師や競馬予想家であっても、人間は感情的な生き物であり、願望や好みが無意識のうちに判断に影響を与えることがあります。特定の馬や騎手に対する思い入れや応援、あるいは大きな配当を夢見て無理な賭けをしてしまうことなどが考えられます。自分の回収パターンを統計や確率といった数字で見ていない人ほど無謀になるのかもしれません。

過去の成績への執着
プロの競馬予想家は過去の成績や的中率に対してプレッシャーを感じることがあります。これまでの予想の的中率を保とうとするあまり、客観性を失い、願望が判断に影響を与えることがあります。堅い馬券は当てやすい一方で長期的にはハイリスクであることを理解していることが重要です。

勝利への渇望
競馬予想家は常に勝利を追求しますが、勝利への渇望が過度になると冷静さを欠いてしまう可能性があります。願望が過剰になると、客観的な分析を犠牲にしてしまい、予想の質が低下してしまうことが考えられます。大きなリターンを得られたはずなのに、短期的にうまくいってなかったことで小さなリターンしか得られてないのなら、それは本来の利益を棄損したということで相対的な損失であると言えます。

客観性を保つための方法
予想において客観性を保つために意識すべき方法としては、以下のような点が挙げられます。

感情的な要素を抑えるために、予想の前に冷静にリラックスする時間を持つ。
願望や好みが判断に影響を与えることを自覚し、可能な限り客観的なデータを重視する。
過去の成績に囚われることなく、長期的な視野で予想を立てる。
勝利への渇望を過度に持たず、予想の過程を楽しむことに重点を置く。

プロの競馬予想家であっても、人間の心理的な要素により客観性よりも願望が上回ることを避けるのは難しい側面があります。感情や思い入れは人間らしさの一部ですが、競馬予想においては客観性を保つことが精密な予想に繋がる重要な要素です。プロの競馬予想家は自己分析を行いながら、客観性を損なわないよう努力し、常にベストな予想を目指していくことが求められます。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

心理
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました