チャンピオンズカップ2022予想に生かす追いきり馬体診断

その他
AIエージェント伊藤
AIエージェント伊藤
独自開発AIで得た今までの常識を覆す学びを追いきりや馬体診断を通してお話していきます。

チャレンジCのデータ傾向

1~3番人気が揃ってコケることは少ないもののヒモレベルでは配当を押し上げる穴馬の台頭も少なくない。

>> チャンピオンズカップ予想ポイント

チャレンジCの出走馬診断

予想オッズ順に出走馬の考察をしていきます。

1位テーオーケインズ

21年のチャンピオンズC優勝馬で連覇を賭けた出走になる。昨年は4着に敗れたJBCクラシックを今年は完勝しており昨年より勢いがある。

実際に体つきを見ても昨年より逞しく、追いきりを見ても前躯のさばきがダイナミックに動かせているのを確認できた。

昨年後半に速いペースを刻むレースを好位につけて1秒つけて完勝しており、昨年に負かした相手からの巻き返しは考えにくく連覇は十分可能と見る。

2位ジュンライトボルト

ダート転向3戦目にして重賞タイトルを獲得したフィジカルエリート。レースを使うたびに剛性を増しており砂の適応力を上げてきている。

G1ともなれば速いタイムの裏付けが必要になるが、その点ではまだ十分ではなく試金石のレースになることは否めない。

しかし、まだ余裕を感じさせた前走から心身とも更に向上してくるようなら1番人気を脅かす存在になることも可能と見る。

折り合いとスピードを確認した追いきりはメリハリある動きでやれることは全てやったと見て良さそうだ。

3位クラウンプライド

リーチザクラウンよりスペシャルウィーク味を感じさせる体躯バランスはひと昔前なら芝馬で通用したことだろう。

ダート馬にしてはトビが綺麗すぎるぶんパワー感には欠けるが、芝向きの神経を生かした立ち回りがこの馬の武器でもある。

バネのある走りを見せるが残念ながらダートで生きるシーンは少なく、そのぶんだけポテンシャルを損なっているとも見れる。

その点では恵まれる部分があるかで好走の期待値も変わってくるため無条件で買えるタイプではない。

4位グロリアムンディ

重賞未勝利ながら4番手に見られているのは、勢いのある新規勢であることが大きな要因だろう。

前走は芝G1の宝塚記念に挑戦したが見所なく敗退している。今回は5カ月半の休養明けと大胆なローテーションを敢行。

よく分からないローテーションに困惑しつつも一線級相手では経験不足を露呈する可能性もありそうだ。

体躯バランスは一線級とも見劣ることはないだけに順調な過程を踏んで欲しかったというのが本音。

5位ハピ

3歳馬でも活躍できるレースで、この馬自身も順調な成長を遂げてきている。

この中に入ると体つきは迫力で見劣るもののハマった時の末脚は光るものがあるだけに後半勝負のレースが合いそう。

パンパンのパワーダートよりかは水分を含んだ締まった馬場向きなので天候のサポートも欲しいところ。

色々と条件が揃うようなら差し込みのチャンスも増えてくることは間違いない。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

その他
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました