チャレンジカップ2022予想に生かす追いきり馬体診断

競馬情報
AIエージェント伊藤
AIエージェント伊藤
独自開発AIで得た今までの常識を覆す学びを追いきりや馬体診断を通してお話していきます。

チャレンジCのデータ傾向

基本的には1~5番人気が上位を占めやすいレース。前が残りやすく好位タイプを狙うのが馬券攻略のセオリー。

>> チャレンジカップ予想ポイント

チャレンジCの出走馬診断

予想オッズ順に出走馬の考察をしていきます。

1位ソーヴァリアント

21年12月以来の競馬となった前走オールカマーではレース中に心房細動を発症し惨敗を喫している。

この発症は制御できるものではないため度外視していい。今回は仕切り直しの一戦となる。

オルフェーヴル産駒は気性的に難しい馬が多いが、その中で素直さがあるタイプは高いポテンシャルを発揮することが多い。

海外G1レース制覇を見ても上手く導けたときの報酬は高いと言えるだろう。馬体スケールも十分で資質の高さは間違いない。

良い意味で血統以上の外観を持ち合わせており先々はG1レースでもと思える馬。立て直しは順調なだけに1番人気も理解できる。

2位ヒンドゥタイムズ

休み休み使っているぶん仕上がりはどうもピリっとしないケースが目立っている。

そんな中でも小倉記念では2着とポテンシャルを発揮しており、近走の中では詰めて使える今回は上積みも期待できる。

前走より脚取りがしっかりしていた追いきりの動きからも裏付けられるがパーフェクトと言うまでには及ばない。

このあたりは以前とは体躯バランスが変わってきたことも影響している。上手くいけばノビシロを感じさせる走りができるだろう。

3位サンレイポケット

ブリンカーを装着してまで中距離にこだわっている近走も追走力の向上は見られなかった。

牝系には長距離で実績を挙げたアドマイヤラピスがいることを思うと距離を伸ばしていくのも悪くはなさそうではある。

その走りを受け継いだ持久力を感じさせる走りは、ラスト伸びてくるも相手なりのレースに留まることが多い。

とりあえず馬券には必要という点で馬券には嬉しくないが乗り方や展開1つで馬券になるのだからやむを得ないところ。

デキは安定しているタイプなので相対的に冬場には強みを持ちやすい。程よく時計のかかる良馬場が理想。

4位ビーアストニッシド

長距離を使ってきたことで折り合いがスムーズになってきたこと所で中距離に戻る今回は軽視できない。

まだイレ込むなど気性的な荒さはあるものの、裏を返せばノビシロでもあるため噛み合った時には一変の走りが期待できる。

追いきり坂路ばかりなのはセンスのなさと適当感にあふれているものの、それに負けじと走っている馬への賞賛は必要だろう。

5位ルビーカサブランカ

やる気になってくれれば重賞の1つや2つは獲れて可笑しくない馬。それだけにもどかしいレースが続けてきたと言える。

良くも悪くも淡々とマイペースなのでステイヤーに転身してみると面白かったのだが。

ずっと展開待ちで出走させる調教師の意図がよく分からないが、もう少し厩舎側で創意工夫がなければいけない馬だ。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

競馬情報
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました