馬券・車券・舟券購入システムで成功の決め手になるのは情報と経験の蓄積である理由

飛躍理論

馬券にしろ投資にしろ優位性のあるシステムを持つことは間違いなく必要なことだという認識は間違っていない。

その優位システムがあれば好調不調に関わらず自動的に馬券を買い続ければいいだけである。

よく勘違いしてしまうのは一時のマイナスを悪いことだと認識してしまいことだろう。

負けは悪という認識は生活習慣がもたらしたバイアスによるものである。なぜなら、一時の負けもまた成功に必要な投資だと言えるからだ。

その一時的なマイナスを受け入れて大きく勝っている有名な馬券師がいる。いま税金裁判をしている某お笑い芸人である。

まったく予想は当たってないのに最終的には利益を手にするものだから普通の感覚では不思議に思うことだろう。

これは典型的な損して得を獲る先行投資型の馬券購入法であり、そのロジックは妙味に沿ったものであることは間違いない。

おそらくは自分なりの競馬に対する解釈を大切にしていて、そこから自信の持てる事実をもとに構築しているのだと推測している。

その事実は「穴馬をより重視する」という戦略に基づき馬券を買い続けてきた経験を蓄積してきたことで彼の直観力は磨かれてきたのだろう。

普通の人には危険にしか見えなくても本人にすれば全く安全で再現性のある手法なのだが第三者が正当に評価することは難しい。

自動車を運転しない人にはリスクを強く感じているのに対し、自動車を運転する人は利便性を強く感じていることに似ている。

ほとんどの人は優位性のあるシステムがあればリターンが自動的に降り注いでくると考えてしまうので自ら報酬を少なくしてしまう。

一流投資家のウォーレン・バフェットは独自のシステムに加えて生活スタイルが投資のすべてに注がれている。

日常生活も質素にして倹約家であり、お金を派手に使うことを嫌う。食事はハンバーガーにチェリーコークがあれば大満足なのだ。

それなのに彼から学ぼうとせずシステムばかりに目がいってしまい、そのシステムさえあれば自分もラクに稼げるに違いないと自己催眠をかけてしまう。

馬券にしろ投資にしろ稼ぐことは大変だと分かっているの片手間で何とかしようするのは可笑しい話だと分かっているはずなのに。

基本的にラクしたいのは脳が快適でありたいと指令を出しているせいなのだが、この機能はもはや近代化した社会にとって不都合しか生んでいない。

この脳のシグナルをあえて無視して「少しの努力で最大の成果を得る」と心に誓いを立てて行動の規範としてしまえば一般人などカンタンに凌駕できてしまう。

これはシンプルに言えば自分の意識を疑える人ほど成功を最速で手に入れられるということでもある。でも、ほとんどの人はそれができずに古い体質を持つ脳に支配されてしまう。

あの時は優位にいたのにソコソコの成功で満足してしまった。もう少し努力していたら…なんて思うことがあるなら、それは相対的な損失と言えるだろう。

いつだって上位人気の馬券は買われ過ぎであるため、ほんの少し予想精度で上回っても努力の割に報われないことを体験することと似ている。

そんなことに時間を割くよりも「人気馬が凡走するパターン」や「穴馬が好走するパターン」の方に思考転換できれば成功は向こうからやってくると分かるだろう。

誰かと競争するのではなく、むしろ一目置く人から学びつつ自分に目覚める方がリターンは大きくなる。

最高のリターンはいつでも自分の内側から生まれてくるものだと分かっていればムダな寄り道をすることはなくなるだろう。

お金を払っただけでは東大生にはなれないが、その攻略法を知っている人から学べば自助努力は小さくて済む。

優秀なシステムは努力の割合を減らしつつ成果向上に貢献してくれるものである。それを不足と考えるようでは多くのチャンスを見過ごし続けることになるだろう。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

飛躍理論
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました