普通では当てることができない法外な万馬券配当を受け取る人たちの特徴

飛躍理論

競馬で勝てる人ほど予想というゲームから降りている。この事実をどれだけの人が知っているだろうか。

予想で勝てるという刷り込みはJRAや専門紙の売り上げアップに都合がいいからこそメディアに巨額を投じて常識であるかのように思わせてきた。

人間には自動的に補完して考える能力があるため、どんなにデータ不足でも結論を導きだすことができてしまう。

よく壁にあるシミが人の顔に見えるというものがあるが、ああいうイメージに近い。その結果はズレたものになるのは当然のことだろう。

法外な配当を獲るためにやるべきことはまず「予想力の効用範囲を理解する」ことだ。

予想力は大きな差がつかないことが明らかになっているが未だに高く見積もられているスキルの1つと言えるだろう。

予想力を行使して人気馬のように穴馬を探しだすことはできない。よほど馬券購入者がバカでもない限り人気は分かりやすさの序列を示すからだ。

この点を踏まえると予想力は1~3番人気の序列が分かればお役目ご免としなければならない。これで精度や穴馬を探してはならないのだ。

さて、信じられない高配当を当てている某お笑い芸人は予想が上手いだろうか。むしろ当てようとする気がなさそうに見えるのではないだろうか。

この危ない橋を渡っているように見える馬券スタンスは「パターン買い」により行われることが多い。

たとえば逃げ馬が毎年プラス回収になることは分かっている。その前提を踏まえて馬券の買い方を構築できれば毎年リターンを受け取ることができるわけだ。

このパターンの的中率が10%だとしても毎年再現されているので全く危険ではない。運用さえ間違わなければリターンは必ず発生するだろう。

だが、一般的な人たちほど低い的中率を危険とみなす傾向が強い。毎年リターンを生むことが分かっていても続けられない人が必ずでてくる。

こういう手法は信じられないくらい馬券が当たらない時期がでてくるものだが、そこで一貫性を保つことを感情的に止めてしまうのだ。

このプラス回収システムの一貫性を放棄することはシステムを否定することになるのだから思うような結果はでてこなくなる。

どんなに悲惨な状況だと思っても買い続けるメンタリティを持つこと。こうして見ていくと最終的な敵は自分自身だと気づくだろう。

某お笑い芸人のようにお金を道具として効率的に使うことは感情的にカンタンではない。特に日本人は大事にしまいこむのが平均的なスタンスである。

長期プラス回収パターンを見つけることは難しくないが、その再現を信じて馬券を買い続けていくことは心理的にハードルが高い。

その負担を軽減するためにAIを使ったデータ解析を行っている。AIは人間よりもプロセスが安定するため再現性のあるリターンをもたらしやすい。

一度パターンが見つかれば問題なく繰り返し使っていけるだろう。そういう利用法を前提にAI競馬新聞を開発してきたので上手い買い方を見つけてみて欲しい。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

飛躍理論
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました