馬券は「資金分散」と「資金集中」2つの買い方でリスクヘッジできる

馬券の買い方

競馬予想の正しさを追うことは実はリスクが高いことが分かってきた。この思考にとらわれてしまうと人気が集中した一部の馬しか重視することができなくなってしまう。

そのような柔軟さを失った馬券でプラス収支を目指すことはかなり難しい。その強さは必ずしも発揮されるとは限らないからだ。

競走馬は感情に支配された動物であり機械ではない。人間のような目的意識がなければイヤなことに耐えようなんて意識もサラサラないのだ。

たとえ、単勝オッズ1.1倍に支持されようが「今日は暑いすぎる。やる気でねえ!」こう思ってしまったら競走馬は手を抜きコースを回ってくることになる。

そう思わなくても熱中症にような病気にかかることも少なくないし、その負ける理由の多さと言ったらキリがないほど。

でも、まとまった金が好きな本命党は、身の丈に合わないデカい勝負をしたがる。結局のところ、どう考えても断然人気馬しか理解できないし、それが手っ取り早いというわけだ。

この勝負における長期展望はどうなるだろうか。もちろん上手くいく可能性はそれなりにあるが、これから何十年も続けていくのなら、そのうちボロがでて負け越してしまうだろう。

本命馬券における運用は確実性よりも「不確実性にどう対処するか」が重要になってくる。そこに購入ルールを詰め込んで運用しつつ改善していくのなら実用的な運用も可能になる。

ただ、競馬の仕組みを見ていくと「レース配当が荒れるように仕組まれている」ことが分かる。特に中央競馬は「10の競馬場」があり「20の距離体系」も枝分かれするのだから荒れて当然だろう。

しかも、夏競馬になると、それまで使っていた距離が極端に施行されなくなる。特にダートは、「1000mか、1700m」みたいな極端なレース体系になれば過去のデータは通用しづらくなり堅いレースは自ずと減っていく。

このようにレース体系が分散しているのだから「馬券も適切に分散」させないとリスクヘッジできない。それか、逆に馬券になりそうな数点だけ絞り込んで買う「資金集中」を使うことでリスクを下げるしかないのだ。

もし、荒れそうなレースだと分かっていて、かつ攻略の糸口が見えているのなら「資金分散」させる方がいい。自分のイメージできる範囲を青田買いを試みて、その必要な資金を見てハズレた時のことを考えてみよう。

それを失っても買うほどの価値があると見込んでいるのなら買うのが賢明と言うものだ。ただ、なんとなく荒れそうだなと思っているだけなら現実的な視点に立ち戻るべきだろう。

逆に難解すぎて手を広げるとリスクが高くなる場合は「資金集中」を使うといい。特定の当たるとイメージできた買い目だけに資金を集中させる買い方は長期的な視点から見てプラスの効用をもたらすことが多い。

ただ、買い目を絞ることは単純に的中機会を減らすことになるため、競馬を楽しむという考えは捨てた方が賢明だ。淡々と買っていき「ハズレて当たり前」と考えることが大切になる。

競馬は確かにある程度は予想できるが、それは能力のある馬に限られている。パチンコは自動抽選で当たりが決まるため予想することがないぶん心理的な痛みが全くない。

100や200ハズレてもそういうものだと受け止められるのに、馬券になると予想できるという錯誤から余計な感情が紛れ込み冷静さを失う原因になっている。

競馬のレースも実は大して予想できないものなので、そこを理解している人は負けを利益へと転化させる手法を身に着けていることが多い。

そういうことを効率的にやる術が1つだけある。それは人工知能AIを上手く利用すること。

人間には知覚できないことをAIは明らかにできるため、この手法に熟知すればリターンを最大化できるのでハズレの痛みも劇的に緩和することができる。

AIデータ解析の【シン・競馬新聞】は、見過ごされやすくリターンを大きくさせる真実に近づくためのヒントが散りばめられている。

そのヒントをもとに業界トップエージェントとメンターがレース攻略してドでかい配当を獲り続けているので注目してみるといいだろう。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

馬券の買い方
競馬グリッチ
タイトルとURLをコピーしました