人生を好転させる方法と投資や競馬で勝つ方法は同じだった

人生を好転させる方法と投資や競馬で勝つ方法は同じだった
UZPZ飛躍理論を実践するデメリットはありません。あなたが1つもメリットを享受できないということがないなら、あなたはどうしますか?
UZPZ
UZPZ

これをやれば人生が好転するという理論が存在する。逆に言えば、これを実践しなければ絶対に人生を好転させられないとも言えるだろう。

当たり前だが人は生まれる場所を選べない。つまり、狙って裕福な家庭に生まれることはできない以上、それはギャンブルだと認識する必要がある。

もし、平均より下の家庭に生まれたらチャンスは少なくなるのだろうか。これは、イエスとも言えるしノーとも言えるが基本不利なのは間違いない。

そのような状況から這い上がり確実な成長を遂げ、自分にしかできない仕事で稼ぐ方法があるとしたら、あなたは今すぐ実行するだろうか?

ここが人生の別れ道だと思って真剣に考えてみてください。あなたはここで勝ち負けのふるいにかけられているとしたら?

人生を好転させる方法

確実に人生を好転させたいのなら「好き・嫌い」という感情で選んではいけない。

あなたが考えるべきことは、自分が優位に立てるメリットが多いフィールドを選んでいるかということである。

たとえば、声優になりたいと思っても声色が普通なら努力するコストは無駄になる可能性が高いだろう。

まず自分の生まれ持った資質を認識することが重要になる。それを理解できれば、あとは気が乗らなくても感情を一時的に無視して実行するだけだ。

だが、こういう戦略があっても大半の人は「その時の感情」で決めてしまう。確実に得られるメリットがあるのに「気が乗らない」というだけで捨ててしまうのだ。

ふんわりとした感情が論理を飛び越え台無しにする事実を知っておきたい。そして、これが投資や競馬で負ける大半の理由にもなっている。

人は日常生活において「感情的に判断する」ことを良しとしている。なぜなら、とても素早く判断することが可能だからだ。

脳は快適であることを重視する。古来から外敵から身を守るために必要だった習慣が今なお続いているわけだ。

人間の脳を見てみると分かるが、古い爬虫類脳は今なお現存しており、良くも悪くも原始的な影響を与え続けている。

その「感情的な判断」の精度はまるで低い。だが、それが日常生活において破綻をもたらすことはないぶん失敗に気づきにくい。

あの人との仲が希薄になったのは、あなたが「感情的な判断」をしたせいであっても論理を知らないから気づけないということもある。

つまり、人生を好転させるためには、いくつかの成功条件を理解し、それを満たすように行動しなければならない。

その条件をこれから提示するので、どのようにすれば成功できるのかイメージをつかんでもらいたい。

小さな失敗を許容する

あなたは日常的に失敗しているはずだが、そのことを気にすることはなく今まで生きてきた。

しかし、馬券を買ってハズレたらどうだろうか。買った株の評価が下がったら、あなたは冷静でいられないだろう。

あなたが「UZPZ飛躍理論」を知ったことで日常生活での失敗にも気づき始めたかもしれない。

そこをカバーする確実な方法がある。それは「小さな失敗を受け入れる」ことだ。

これは「大きな失敗をするな」というメッセージも隠されている。

つまり、失敗は致命的でなければ挽回するための必須要素になりえるということだ。

ほとんどの人は「失敗」をただのリスクと認識している。日本には「失敗は成功のもと」という故事があるのにも関わらず。

本当の失敗とは何だろうか。それは、致命的なものを除けば、失敗したまま放置することだと言えるだろう。

今日は馬券で負けちまったな。じゃあ、寝て忘れるか。この寝る前に、たった一度考えるクセをつけるだけで事態は好転し始める。

競馬には多くの人が関わる以上、失敗は分散されやすい。自分だけの失敗ということは絶対にないわけだ。

だが、考えるのは自分の失敗だけで十分。最善を尽くして負けたのなら、あなたには非がないと断言したい。

このプロセスがあるだけで、あなたは余計な感情に左右されることが少なくなり勝つことに集中できるようになる。

小さく負けることは、イチ早く考察をうながすことで成功要因のヒントを知ることだと理解できれば失敗が恐怖になることはない。

8割は負けていい理由

小さく負けられるようになったら大きく稼ぐことを考えたい。コツコツ稼ぐというのは結果として機会損失につながることが多いからだ。

一流投資家であっても売買の内訳を見ると、そのうち8割は小さな勝ち負けで構成されていることが多い。

毎年リターンを得ている人でも、その内訳を1カ月や1日単位へと細分化していけば、小さな負けから挽回しているパターンが見られる。

つまり、裏を返してみれば必ずどこかでドカンと利益をあげるシーンを作っているということでもある。

これは株価の上げ下げを見れば納得できるだろう。毎日きれいに上昇している企業があるか見てみれば分かる。すぐ困難にぶち当たるはずだ。

でも、競馬は違うでしょと思うかもしれない。いや、競馬こそ、このイメージを持たなければ勝ちはないに等しいと考えるべきだ。

なぜなら、毎日毎週のように勝とうとする者ほど利益の少ない馬券を買ってしまうからだ。そして、これを正しいことだと確信している。

利益の少ない馬券とは何か。馬柱を見て買いやすい目が過剰に買われている本命馬券のことだ。

この本命馬券を当たりやすいだけで利益はでてこない。つまり、特定の厚く買った目で的中する必要がある。

予想力があれば厚く買った目を的確に買えるだろうか。そんなことは堅い馬券でも容易でないことは自身で買ってみれば分かるだろう。

つまり、コツコツ勝とうとして的中率の維持を重視してしまうと「見かけ上の堅い馬券」しか買うことができなくなる。

そこには実は堅くないという馬券も含まれているが、それを一般的な手法で判断することはできない。

よく当たるだけに本命馬券を重視することが「感情的に正しい」と思い込んでしまう。これが逆転余地のない負け組を量産している原因である。

あなたがこれを理解して的中率重視を止められるのなら、次に取るべき戦略は次のようになる。

オッズバリュー戦略を基本とする

結局のところ、よく考えられた本命馬券の投資戦略も「バリューの方向性」が違うだけで基本的な考え方は同じである。

本命馬券では競走馬の能力差を重視するのに対し、穴馬券は能力とオッズ差を使うという違いがあるだけ。

これは長期的に見て利益になりやすいメリットはあるが、短期では十分な結果が得られないことも考慮しておきたい。

また、こうした差の大きさを利用した戦略は、しばしば覆されることがあることを理解する必要がある。

ある時に何らかの理由で突如として劇的にパフォーマンスを上げるシーンにでくわすことは珍しくないからだ。

だからこそ、負けた時のことを考えておくことは、これからの利益を守ることにもつながると言えるだろう。

AI競馬新聞は勝ち組のエッセンスが詰め込まれている

CTA-IMAGE AI競馬新聞は、馬柱をAIデータ処理したものでグラフィカルな表示に成功しました。 これにより出走馬の能力比較やレースの性質が10秒で完結してしまう。 一般的な専門紙の約10倍の予想時間の短縮と回収効率を実現しました。 AI競馬新聞を彩る独自理論を持つメンターがあなたの馬券を徹底サポートします。 AI競馬新聞に最強エージェント集団が参戦。馬主に5年で100億円を稼がせた最強の相馬眼が埋もれたお宝馬を明らかにする! 自分の能力やスキルで競馬に勝ちたい方は必見です。

飛躍理論カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。