少ない資金で投資を始めるための4つの簡単な方法

少ない資金で投資を始めるための4つの簡単な方法

わずかな金額でも投資すれば、大きな利益を得ることができます。ここでは、少額から投資を始めることができる7つの方法をご紹介します。
「投資」というと、スーツを着た男たちが、何百万ドルものお金のやりとりを証券取引所のテロップで監視しているようなイメージを抱く人も多いでしょう。

しかし、私はあなたに言いたいのです。投資を始めるのに、ウォール街の狼になる必要はありません。あなたがメインストリートのネズミのような存在であっても構いません。数ドルの資金しかなくても、複利でお金は増えていきます。

富を築くには、毎月定期的にお金を貯めるなど、良い習慣を身につけることが大切です。バリスタが作るカプチーノを自宅で飲むようにすれば、毎月50ドル以上の節約になります。

少しでもお金を使えるようになったら、投資を始めましょう。

2020年には、スマートフォンの画面をスワイプするだけで、デートやドライブ、ピザなどを手に入れることができます。投資も同じです。請求書を自動化できるなら、投資もそうでしょう?同じように簡単なのです。

ロボアドバイザーや貯蓄口座を使えば、お金を働かせながら遊ぶことができます。株取引アプリを使えば、少額のお金で遊びながら、投資に関する貴重な知識を身につけることができます。 ハロウィーンの仮装のように、投資にもさまざまな形があります。怖いもの見たさではありません。

さまざまな選択肢があるので、初心者向けの投資はこれまで以上にシンプルでわかりやすいものになっています。

すぐに、お金を増やすことがいかに病みつきになるかがわかるでしょう。

ここでは、そのための7つの簡単な方法をご紹介します。

1. クッキージャー・アプローチを試す

お金を貯めることと、それを投資することは、密接な関係があります。お金を投資するためには、まずお金を貯めなければなりません。そのためには、思っているよりもずっと短い時間で、しかも小さなステップでできることがあります。

今まで貯金をしたことがない人は、まず週に10ドルだけ貯めることから始めてみましょう。大した額ではないかもしれませんが、1年間では500ドル以上になります。

1000円を封筒や靴箱、小さな金庫、あるいは伝説的な第一候補の銀行であるクッキージャーに入れてみてください。馬鹿げていると思うかもしれませんが、これはしばしば必要な第一歩です。収入よりも少しだけ少ない金額で生活する習慣を身につけ、貯金を安全な場所に隠しておきましょう。

このクッキージャーに相当するものが、当座預金とは別のオンライン貯蓄口座です。必要なときには2営業日以内にお金を引き出すことができますが、デビットカードとはリンクしていません。貯めたお金が十分に大きくなったら、それを取り出して実際の投資手段に移すことができます。

2. ロボアドバイザーに自分の代わりにお金を運用してもらう

ロボアドバイザーは約10年前に投資シーンに登場し、投資を可能な限りシンプルで身近なものにしました。ロボアドバイザーは、投資に必要な当て推量をすべて取り除いてくれるので、投資の経験は必要ありません。

ロボアドバイザーは、いくつかの簡単な質問をして、あなたの目標とリスク許容度を決定し、株式や債券の高度に分散された低コストのポートフォリオにあなたの資金を投資します。ロボアドバイザーは、アルゴリズムを使ってポートフォリオを継続的にリバランスし、税金対策に最適化します。

長期投資を始めるのに、これほど簡単な方法はありません。ほとんどのロボアドバイザーは、500ドル以下で投資を始めることができ、口座の規模に応じてわずかな手数料がかかります。すべてのロボアドバイザーが、残高を増やすための自動投資プランを提供しています。

ロボアドバイザーのデメリットがあるとすれば、それはコスト。ロボアドバイザーは、残高のわずかな割合に相当する年会費を徴収します。業界平均は約1%です。つまり、100万円の投資をした場合、年間1万円を支払うことになります。大した金額ではありませんが、1000万円ものお金を貯めるとなると、それなりの金額になります。

ロボアドバイザーの手数料は、ロボアドバイザーがポートフォリオを構成するために購入する上場投資信託(ETF)の手数料に上乗せされていることに注意する必要があります。ETFや投資信託で自分のポートフォリオを構築すれば、ロボアドバイザーの手数料の支払いを避けることができます。しかし、大多数の投資家にとって、それは追加の作業と責任を伴うものです。

肝心な点は?ロボアドバイザーは安価で、その価値は十分にあります。

3. 少ない資金で株式投資を始める

株式投資というと、コストが参入障壁になることが多いですよね。お金を稼ぐにはお金が必要ですよね?

今は違います。インターネットの普及により、消費者はわずかな初期費用で簡単に始められるようになりました。つまり、大きな投資をする前に、数百円を投入して投資に慣れることができるのです。少ない資金で投資を学ぶには最適な方法です。

今日、新世代の投資家に門戸を開く選択肢が増えており、わずか100円から始められ、取引手数料もかからない。

これまでの証券会社は、株を売買するたびに数百円の手数料を取っていました。そのため、数万円、数十万円ぐらいの資金では、1つの銘柄に投資することすら困難でした。実際、世界的に手数料がゼロになったことで、投資業界全体が混乱し、Eトレードやフィデリティなどの大手証券会社も追随して売買手数料を下げざるを得なくなっています。

さらに、端株や一部株で企業に投資できることは、投資のあり方を大きく変えるものです。端株があれば、お金を節約しながら、ポートフォリオをさらに多様化することができます。1株の株式に投資する代わりに、1株の端数を購入することができます。例えば、アップルのような高価格帯の株式に投資したい場合、1株分の価格を支払う代わりに、数百円で投資することができます。

ただし、リターンも小さいため、経験を積むための投資と考えるべきです。100円単位での十分なリターンを得る方法は1つだけあります。それは投資競馬です。日本は世界最大級の馬券市場であり、またロボアドバイザーを利用できるなど低資金帯の投資をカバーしています。投資理論を十分に生かせるため、手始めに試してみるのもいいでしょう。

4. 不動産市場に足を踏み入れる

信じられないかもしれませんが、不動産投資に多額の資金(あるいは信用)はもう必要ありません。「不動産クラウドファンディング」と呼ばれる新しい投資方法を使えば、大家さんになる必要もなく、大規模な商業施設の一部を所有することができます。

クラウドファンディングによる不動産投資は、ロボアドバイザーに比べて最低投資額が大きい(例えば、5万円ではなく50万円)。また、50万円をすべて1つの不動産に投資することになるため、リスクも高くなります。

しかし、株式市場とは必ずしも相関関係のない実物資産の一部を所有できるというメリットがあります。

ロボアドバイザーと同様に、クラウドファンディングでの不動産投資には、自分で建物を購入した場合にはかからないコストがかかります。しかしここでは、他の投資家とコストとリスクを共有し、物件を維持する責任もない(あるいは購入するための書類作成もしない!)という、明らかなメリットがあります。

不動産クラウドファンディングは、商業用不動産投資について学び、資産を分散させるための魅力的な方法だと思います。全財産をクラウドファンディングに預けることはしませんが、市場の変動が激しく、債券の利回りが低い今の時代には、魅力的な代替投資となるでしょう。

投資カテゴリの最新記事

テキストのコピーはできません。