競馬必勝法の作り方

私は人工知能を利用した自分だけに味方する競馬必勝法の作り方を考えてきました。その経験をもとにどうすればいいのかを明らかにしていきたいと思います。

そもそも人工知能は競馬必勝法になりうるのでしょうか?

私の答えは「イエス」とも「ノー」とも言える、競馬必勝法におけるファクターの1つに過ぎないと確信を得ました。

もし、誰でも利益がでるたった1つのAI競馬予想ができたら…そこからイメージしてみて下さい。みんながスマホや競馬場で似た買い目を自動購入している姿を。

これではAIが持つ多様性や可能性を損なうだけなのは感覚的に分かると思います。逆に今までの競馬予想法の方が良い結果になったという現象もおきかねない。

だったら、今の競馬予想法の恩恵と人工知能がもたらす恩恵を融合させることが一番の得策ではないかという結論にいたりました。

そうすれば自然と今までの経験を生かすことになり、また培ってきた知識がもたらす自分自身だけの強みを最大化させることにもなります。

どういう強みがあるのかは、過去の馬券購入を検証しなければ分かりません。1年間でマイナスだったというだけで使えないと断定してしまうことが正しいのか。

もしかしたら次の年には目の覚めるような成果を出す可能性もあります。そのために持続可能な方法で馬券購入を行うことも重要と言えるでしょう。

有名人の競馬予想を検証する

競馬で4000万円を的中させたインスタントジョンソンのじゃい氏の予想はアメブロで見る限りよく当たっているとは言えません。それでもケタ違いな配当を引き寄せることができたのは持続可能な潤沢な資金と損してもマインドを失わない粘り強い姿勢があったからだと思います。

ほとんどの人は短期的な収支のみにこだわり、これは使えないと判断して早急に手を加えていく傾向があります。そこに何の検証もなければ、結局は偶然の的中を求めさまよっているのと変わりません。

じゃい氏にはいくつかの馬券ルールがあります。たとえば、「点数は500円を3通りで12レース買う」というもの。

この購入ルールを他人がマネしても効果は期待できません。それはじゃい氏の経験から培われた強みが合わさって初めて機能し始めるからです。

2年連続プラス収支を達成した元AKB48の小嶋陽菜(こじはる)ではどうでしょうか。

彼女の馬券購入法はもっとシンプルでオッズのバリュー感覚、つまりお得感のある馬を選び、それを3連単5頭BOXという手法に落とし込んでいただけでした。

何も難しいことを考えなくてもシンプルに勝つこともできるのが競馬という懐の深いゲームなのが分かる事例です。

たとえ彼女が2年マイナスだったとしても、その買い方の効力が切れたとは断定できません。特に3連単というのは爆発力がある券種ですし、何より確率的にハズレが偏っているだけかもしれない。

こうした自分だけに味方する馬券の購入ルールは、うまく人工知能を取り入れることで驚くほど短期間で確実性の高いノウハウを積み上げることができます。

競馬で一番わからないのは自分が何をしているかです。確実性の高い馬に投資しているのか、それとも過剰な人気馬を買っているのか。

AI競馬新聞データ分析 - 好走馬の特定率トップクラス!

事前・直前レース分析2つのツールから普通では狙いにくい激走馬を特定します。直前はライブでリアルタイムに分析!当日にしか拾えない穴馬の上昇ぶりを見抜きます。

リアルタイムなデータ分析ではトップクラスの特定率を誇っており、本命馬だけでなく買える穴馬も絞りこみたい方にぴったりなサービスです。

99%の人が不足しているデータ分析を今すぐ導入して有利に馬券を買っちゃおう!無料体験あり。

その他
競馬グリッチ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました