ウォーレン・バフェットは莫大な財産を築いたアメリカの有名投資家である。

株式投資の前に競馬予想屋でノウハウを構築したことは意外と知られていない。

競馬で勝てる人間は株式でも勝つことができる。この事実を重視するなら今から図書館に走ってバフェット本を読みあさるべきだ。

バフェットは自分の投資ルールを破ることはない。なぜなら、その原理原則は人間が発見した神の真理に基づいたものだからだ。

優秀な科学者ほど宗教にのめりこむ理由をご存知だろうか。それは地球にある法則に触れることで誰が作ったのかを考えたとき神の存在を意識することになるからだ。

その神の法則に人間が軽視して逆らったときに罰がくだされる。いま投資で負けている人は法則を軽視している人たちなのだ。

あなたは馬券を買う時に自分が間違っているか確認しているだろうか。人間はカンタンに間違える。

そう考えることができない傲慢な人は馬券収支がマイナスであろうことは想像に難くない。

もう一度いう。あなたが人間ならこの世界に影響を与え続けている原理原則を無視するべきではない。

投資術とは何か。人間のミスを抑えるためのノウハウと言い換えることができる。

どんな優秀な理論があろうと扱う人間がふさわしくなければ真価を発揮することはない。

投資の成功は、【人間力】【理論】【資産】この3つをハイレベルで維持した時に成功するものである。

これらは競馬シークレットの中核をなす考え方でもあり身に付けるには500%の努力をもって行う必要がある。

オッズ変動に左右されない

いつでも自分の買い目の決定ルールに従い戦略的に馬券を買うこと。

媒体を売りたいだけのメディア扇動にうろたえて意見を変えてはいけない。

正しい価値のある情報に目を向け続け正しい価値を算出することを徹底する。

馬券のハズレを歓迎する

馬券のハズレを戦略的に組み込みプラス収支への促進力とすること。

競馬は実力が変わらないのに前走凡走すればオッズが下がるもの。

こういう馬を的確に拾えることができれば奇策をもって馬券を買う必要がない。

競馬の利益を再投資する

投資で儲かったぶんを消費してしまう人は収益性を高めることができない。

いつまでたっても収益を増やせずに時間だけをいたずらに消費していく。

アインシュタインはこう言っている。人類最大の発見は【複利】の存在であると。

カンタンにイメージできるレースの馬券を買う

実力に見合わないレースや馬券の券種を選ぶ人は後を絶たない。

自分がイメージできるということは理解しているという何よりの証拠。

そのイメージに合わせて無理のない馬券を構築すれば無駄を省くことができる。

真のリスクはあなた自身である

何をしているか分からないのに馬券を買う人たちも後を絶たない。

競馬新聞を見て分かった気になっているだけでデータの意味までは考えないだろう。

そういう人たちは馬券を買いたいだけのギャンブラーである。

論理的な判断のもとで行われる投資マインドがなければ成功はありえない。

オッズが下がった時に勝負にでる

勝負するときはオッズが集中している時よりも下落した時に行うこと。

人が嫌った時に収益が高まるのであり競馬予想が上手いから収益が良くなるのではない。

オッズ上昇より下落で自信のある馬を探すことに時間を割くこと。

マイ投資ルールだけが成功を約束する

株でも競馬でもマイルールがなければ勝つことはできない。

市場は戦場でもある。生き残るのに他人に守ってもらおうと依存している人間は死んでも文句は言えない。

自分のルールに従い戦略的に買い目を選び積極的に投資すること。

得意なことに集中する

苦手を克服するよりも得意なことに集中するほうが収益は伸びやすい。

大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。

ただ競馬新聞を見て馬券を買う。それは多くの人がやっていることで損するしかない。

投資は老後でも頭脳労働

投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない。

いちいち言い訳をするのは時間の無駄である。

自分のミスを認め直していくほうが将来のためになる。

自分の責任で投資する

ひとたび誰かのせいにすれば努力することをやめてしまう。

それは誰かのせいだと言っても負けた現実は好転しない。

逆に自分の責任にできる人は『負けの経験値』を積み上げ先に生かすことができる。

ワクワクする

私は一日中、いつもワクワクしているんです。

なぜなら、同じ価値観を持つ人たちと一緒に、自分が本当に愛する仕事をしているのですから。

短期投資はしない

短期投資は投機でありギャンブル性が強くなり成功を妨げる。

価値のある馬を買い続けても短期的に失敗することはあるが長期的には価値を生み出す。

完璧主義は破綻をもたらす

控除率25%の世界で完璧な投資はありえない。

もし回収率を高めたいのなら的中率を落としてリスクを背負う必要がある。

たとえば1番人気馬の勝率3割、複勝率6割この数字を上回れると考える人は何か勘違いしているとしか言えない。

幸せと金は別物である

本物の幸せとは【収益を生み出すロジック】を手に入れること。

お金が儲かるのは副産物にすぎない。

こうやって儲かりますと説明できないイメージできないものは叶えることはできない。

自分がミスをしていないか見直す

人間である限りミスはつきもの。

少し時間を置くことで論理的に判断できてないことに気づくことがある。

どんなに努力しようが、自分一人でなんでもできるようにはならない。

自分の能力を最大限に発揮するには能力を高めるのではなく、自分がどこまでできるのかをしっかりと理解することが重要となる。

もし、自分が足りないものが明らかであるなら補完しない限り勝てるようにはならないだろう。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で回収率200%オーバーを証明しています!いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始! これから一層の利益拡大に向けた効率化が執り行われていきます。