よく血統に多様性がないから血統予想は使い物にならなくなったという声を聞くことがある。

そういう誤解を生んでしまう理由は、もともとの使い方を間違っていたせいだろう。

とある産駒は統計的に見てダート替わりで買いは正しい。しかし、これだけで買い目を決めることは正しくない。

今まで血統予想はデータ分析を含まないからこそ『カンタンで効果的』という評価を得てきた。

競馬予想の補助ツールが発達する前ならそれでも強みがあったのかもしれないが今では当たり前のように組み込まれているため目新しさはもうない。

誰もが知っていることを実践したところで付加価値を含まなければ回収率は一般化していくだけ。

競馬予想の8割を放棄しているのだから大層カンタンだったことだろう。

しかも、レース結果を見て今日は特定種牡馬の日だったかと短絡的に結びつけることで誤解はいつしか信念に変わっていく。

いまの競馬予想の言えることで血統だけじゃなくレースラップなどのファクターでも同じことが起きている。

今でも過去におけるデータ分析の手法は存在するが、もともと競馬予想におけるビッグデータの価値が低いことからファクターを存分に生かすまでには至っていない。

競馬予想は真面目に取り組むほど信じられないほどの時間を要するもの。

誰しも手軽で効果的なものを望むが、その前に何が必要なのか自分でしっかりと経験しておかなければ必要なものでさえ選ぶことができないだろう。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら