新時代の馬券戦略を考える

新時代の馬券戦略を考える

2017年の皐月賞は最終日が一番馬場が良いというコンディションの中で行われた。過去の経験から馬場は劣化するものという認識が当たり前だったが、そのような常識が覆されたという点で1つのデータ転換点と言えるのかもしれない。

ここで過去の信念をあっさり書き換えることができる人は上手く対応していくことができる。しかし、競馬歴の長いファンほど昔の慣習に従ってしまうことから行動を変えることは容易にはいかないだろう。

もし2秒というペース落差があったらどうなるか。分かりやすく言えばハイペースでついた10馬身がスローペースでは覆される可能性がでてきてしまう。これほどの差を基礎能力だけで埋めることは容易ではなく今後も実績は分散しやすい状況が続いていくだろう。

ここまで好走範囲が広がってしまうと馬券戦術もトリガミを覚悟するシーンが増えてくる。あれもこれも買われることになるためオッズが割れやすい状況なのだからやむを得ない。

その中で重視した買い目が的中した時に高い収益をもたらすような馬券の買い方ならトリガミ発生もカバーできる。もう過去の競馬と比べるとレース結果のブレが拡大してきたことから買い目の絞りすぎは効率を悪くするという考えも持っておきたいところ。

こうした時流に逆らわず競馬理論を修正していくことが望ましい。こうした変化は馬券購入者には厄介なものの競馬の存続という視点からみると実績を分け合う形になるため馬主の呼び込みにはメリット十分と言えそうだ。

こうした変化の大きい時代では臨機応変に馬券を買うことが最適とは言えない。あれこれとブレた買い方をするよりも決め打ちの方が良い結果をもたらすというケースは少なくない。

あまりにわかりづらいレースでは波乱に期待して手広く買う、逆に結果が予測しやすいレースでは集中して買うといった馬券戦略・戦術を上手く活用していくといいだろう。

競馬予想家カテゴリの最新記事