人は利益より損失に集中してしまうことが分かっている。200円の得より100円の損失を嫌うことは行動心理学により証明されてきた。

つまり、人は負けることを嫌いながらも集中してしまうクセがあることを指摘せざるを得ない。

そして、それを意識できない人たちは勝つためではなく負けることを証明するために行動していると言わざるを得ないだろう。

これは競馬予想をする以前の問題であることを指摘している。あなたにも負けを証明した経験があるのではないだろうか。

あなたは心のどこかで競馬で勝つことはできないという想いがあり、そして馬券を買い負けるたびにその想いを強くしている。

このループから抜け出せない人は正しい努力をすることができない。過去の経験と感情がつよく結びついているためだ。

それは負ける馬券を買うことに制約されてい状態といわざるを得ない。こうならないためにどうすればいいだろうか。

この状態に陥るトリガーは必ずネガティブな情報からもたらされる。たとえば、あなたの好きな人があなたを嫌いと言っていた。

こう聞けば真実かどうか分からないにも関わらず嫌でもそのことに集中してしまうことで気分が落ち込んでいく。

実にありふれたシンプルなトリガーだが、そのダウナー状態から一人の力で抜け出すことは難しいだろう。

こうならないためにはポジティブであることが求められてくる。ネガティブな面はチャンスをもたらすと思考を変えられるかどうか。

おそらくそんな簡単にはいかない。しかし、人は環境によって行動を変えていく性質をうまく利用すれば意外とラクに変えていくことができる。

どうやるのかと言えば、今までやってこなかったことを1つやるだけでいい。

たとえば、親しい人に気持ちを伝えたことがないのなら「ありがとう」と言ってみるだけでも現状を変えていく力になる。

そんなことを考えられる人は新しいスタートを切るのは時間の問題だろう。逆にどっぷりと負けることに依存している人たちがいる。

それは、私が不幸であるという証明するのに最適なツールだからだろう。その不幸をコミュニケーションとして利用していると抜けだすことは難しくなる。

インターネットでは掲示板やSNSの交流で共依存なっている人は感情が強くなりすぎていることから、まずネットへの依存度を低くすることからはじめなければならない。

あらゆる勝負の世界で共通することは「感情はマイナスにしかならない」という事実である。

特に情緒を重んじる日本人にとってスタートラインから困難な状態にあることを指摘しておきたい。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら