2017年の皐月賞にディープインパクト産駒の3戦3勝馬であるファンディーナが出走登録し話題を集めています。

いずれも圧勝しての参戦と底を見せていな馬だけにポジティブに評価する人も多いのではないでしょうか。

いまのところ予想オッズは2番人気と評価は高いが果たして馬券圏内に絡むことはできるのか?

結論から言うと、たとえ牡馬相手のクラシックG1レース皐月賞であっても消すことはできないというのがエージェントの結論です。

まずファンディーナ3戦のレースラップを比較したものをグラフにしたので見ていただきたい。

ここ3戦ともスローペースで似たような波形を示しているように恵まれた部分があり価値が高いとは言えません。

しかし、よくよくレースを見てみると他馬も余力がある中で直線だけで突き放しながら余力を残す競馬をしており資質の高さがうかがえます。

現時点のレース内容でファンディーナを消すまでに至るというのは論理的とは言えません。今までのレースから限界は見えず好走凡走どちらの可能性も残されています。

この皐月賞で消すだけの根拠は見当たりません。このファンディーナを消せるのなら、それはネガティブな感情によるものでしょう。

厳しいペースになりやすい皐月賞というG1レースで繊細な牝馬が耐えられるのか、そういう疑問が頭をよぎっていると思いますが牡馬にも劣らないしっかりとしたフレームから激戦に耐えうるだけの下地は持っていると判断します。

さらに4keiba.comが開発した競走馬の適性を明らかにする唯一の技術であるベノム診断【BD】で精査したところ中山競馬場の芝2000mに適性を持っている可能性が高いことが分かってきました。

ここでは詳細な適性はシークレットにしますが、牡馬を退けても可笑しくない能力は秘めているだろうと考えています。

これから枠順確定の影響度を検証していくことになりますが皐月賞では馬券に入れておくべき1頭には違いありません。

1-1 マイスタイル	(牡3、横山典弘・昆貢)
1-2 スワーヴリチャード	(牡3、四位洋文・庄野靖志)
2-3 コマノインパルス	(牡3、江田照男・菊川正達)
2-4 カデナ		(牡3、福永祐一・中竹和也)
3-5 レイデオロ		(牡3、C.ルメール・藤沢和雄)
3-6 アウトライアーズ	(牡3、田辺裕信・小島茂之)
4-7 ペルシアンナイト	(牡3、M.デムーロ・池江泰寿)
4-8 ファンディーナ	(牝3、岩田康誠・高野友和)
5-9 プラチナヴォイス	(牡3、和田竜二・鮫島一歩)
5-10 ダンビュライト	(牡3、武豊・音無秀孝)
6-11 アルアイン		(牡3、松山弘平・池江泰寿)
6-12 アメリカズカップ	(牡3、松若風馬・音無秀孝)
7-13 サトノアレス	(牡3、戸崎圭太・藤沢和雄)
7-14 キングズラッシュ	(牡3、柴田善臣・久保田貴士)
7-15 アダムバローズ	(牡3、池添謙一・角田晃一)
8-16 クリンチャー	(牡3、藤岡佑介・宮本博)
8-17 ウインブライト	(牡3、松岡正海・畠山吉宏)
8-18 トラスト		(牡3、柴田大知・中村均)

9年プラスを証明した競馬予想サイト

2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!

どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら