クラシック路線に乗るような馬ばかりに出資する資金が続けばいいが、そうでないのなら短距離とダートまたは長距離といった感じで割り切った出資の方が怪我は少なくて済む。どうしてもクラシック対象馬は割高にになるため良い馬を掴めるかは消耗戦になりやすい。ある程度は狙って出資できるもののG1を勝つような馬となると相応の運も必要になってくる。十分な資金があるか、すでに出資が軌道に乗っていて計画的に出資しているのなら問題はない。そうでないのならクラシック路線は無視した方が収支効率は上がるだろう。

これからのダート界は長らく不遇だった専用種牡馬の時代がやってくると考えている。なぜなら、すでに芝とダートの乖離は大きく芝G1馬がダート転向で成功するケースが珍しくなってきているからだ。この流れを考えれば最初からダートエリートに出資する方が効率は間違いなく上がるはずである。これは短距離や長距離にも言えることから専用種牡馬を意識して出資していくだけで期待以上の成果をだすこともできるだろう。クラシックを走るような素質馬でもオールマイティな馬という例は少なく潰しが利きづらい。そこそこ走っただけでは大赤字なんてことは日常茶飯事であり、この傾向はこれからより強くなる可能性を秘めているのが怖かったりする。

避けられる失敗を避けるのが成功する投資の鉄則であることを考えれば自分がつまらないと思うような出資をすることが一番成功に近い出資になるのではないかと思う。クラシックと言う名のチキンレースに加わってしまうと負けこんだ額で引くに引けない人もいるだろう。しかし、そこで撤退できなければさらなる痛手をこうむるのは構造的に避けられない。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!

どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら