どちらが良いと断定する気はないのですが、やはり調教師の話を聞くと施設の格差が西高東低を生んでいる可能性が高いわけです。実際に名馬の調教を検証してみると明らかに栗東の坂路効果が高く感じられることから出資馬においては関西馬を中心にするのが無難でしょう。

ただ、何が何でも関西なら良いというわけではありません。坂路は効果が高いためトレーニングを間違えると競走馬の可能性を狭めてしまうことになります。確実にロスがないのは短距離馬ですが、それだと関西メリットが大きいとは言えないですよね。

馬体によって出資を決める

関東・関西どちらの出資を決めるかは馬体構成によります。コース追いでは東西の違いはないため坂路調教が必要ない馬なら関東馬でも構わないわけです。その見極め方は企業秘密ですが、募集馬の診断をご依頼いただければランク評価でお教えしますので問題ありません。

関東馬の募集馬えらびにお悩みなら一度ご相談ください。見過ごされた良質な馬を見つけるお手伝いをいたします。

たとえ素質があっても調教により素質が台無しになることがある。これは出資者さまにおいて実感されることは少ないと思いますが、そういったケースは決して少なくないと考えています。せっかくの高額馬の出資で大損という事態は、ある程度であれば事前に避けることができるということを知っておいてもらえたらと思います。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら