ウインブライトは中山記念で重賞3つめを制覇しました。これでG2レースを2回勝利したことで回収率は600%オーバーを記録しています。

デビュー時は走る気になっておらず敗戦を続けましたが、何とかヤル気をだすようになり重賞レースを制覇するまでの道のりを考えると本当に大成とは紙一重だなと感じました。

自分の能力だけはしっかりと走る馬で成長したぞという証明を次の大阪杯で期待したいと思います。ちなみの今年デビューのウインレーシング所属馬のオススメは該当馬がありませんでした。

確かな能力を秘めながらも能力を発揮できずにいる馬もなにかのきっかけをつかめれば変わる可能性があります。一口馬主をやる人は、走る走らないで見捨てず愛情をもって接してもらえればと思います。

シルクレーシングのグラマラスライフは期待ハズレだ!という声をいただきました。

2戦目を見る限り内臓面の弱さがあり、それが走りに影響して本来の力をだせていないように見えます。そういった意味では走る前の問題であり、しっかりと心身のバランスが整うまで長い目で見る必要がありそうです。

馬体は素晴らしい馬なのできっかけ1つで変わってもおかしくありません。その変貌ぶりを楽しむのも一口馬主の醍醐味ではないでしょうか。悲観せずに可能性を信じてポジティブに待ちましょう。