阪神大賞典の出走予定馬の馬体と追い切りをエージェントが厳しくチェック!

サトノダイヤモンド

有馬記念からの休み明けなりの仕上げ。追い切りも前哨戦を感じさせるもので勝負がかりという雰囲気はもちろんない。それでも勝つことを期待されている馬だが1つ気になるのはトモの入りが浅く走法が不安定なこと。有馬記念を制した後のダメージは少なからずあったものと思われる仕上がり過程なので過信は禁物だろう。前哨戦であっさり負けて欲しくないものの、やはり先を見据えた仕上げというのは否めない。

シュヴァルグラン

昨年はレースに使いつつ馬体も成長してきたが、これが良い結果をもたらすとは限らないのがサラブレッドの難しいところ。追い切りは特に問題なく馬体が絞れてくればなおいい。どちらかと言えば京都競馬場の方が向いていそうだが、昨年に劣らずの仕上がりで初戦から動ける。天皇賞春に向かうレースだからこそ大物食いが見てみたい。

トーセンバジル

あまりトモが目立たないのがハービンジャー産駒だが、ダート牝系ということで体つきがしっかりしてきての本格化。テンゆっくりめで終いを伸ばす調教が合っているように末脚を温存した方がいい。この追い切りから見ればスローペース一団競馬ならと思うものの、馬券圏内に入ってくるには上がり勝負が良さそうで好走シーンは限られそうだ。

レーヴミストラル

前走の日経新春杯は太め残りが示す通りの甘い仕上げが目立ちレース内容も一息の内容だった。そこからは順調に乗り込まれた様子が見てとれるので順当に上積みが見込めそうだ。まだ馬体は絞りきれていない印象はあるが、休み明けの前走よりはマイナスになっているはず。まだ奥がありそうな馬だけに使いつつ本来の走りを取り戻せるのか注目しておきたい。

タマモベストプレイ

前走で万葉Sを勝ち心肺機能の衰えはないものの、今ではフワフワ走るところがあたりが年齢を感じさせる。きちんとした仕上がりにあるが成長的な意味合いでの上積みを求めるのは酷というもの。昨年より着順を維持できれば良しとしたい。

この記事が参考になったら今後の方針のため評価やSNSでの共有をお願いします。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら