03/11のメイクデビューは、阪神3Rと中山5Rの2レースになります。

阪神3R ダート1800m

クラブ馬を中心に見ていきます。

インペリオアスール

まだトモに力が入ってこない現状と硬さのあるエンパイアメーカー産駒ということで今のところダート一択。

初戦からフルパフォーマンスの期待はしづらいものの、次戦につながる走りができれば1勝できるのでは。

カルトデュモンド

現状は体躯バランスに硬さが目立つためダートから始動という判断になったのでしょう。

ディープインパクト産駒でも芝ダートを問わないタイプですが、あまりハイブリッドな適性だと伸び悩むことが多く時間はかかるかもしれません。

シュライエンシチー

クロフネ産駒らしく体質面はしっかりしているものの緩さがありながら筋力も強いため持続性に欠けるところがあります。

あまり坂のあるコースよりは小回り平坦ロカールコースの向きと言えるでしょう。

中山4R ダート1800m

クラブ馬を中心に見ていきます。

マイネルツァイト

あまり良い成長過程を描けなかったもののトビは軽く販路の時計はでやすいタイプ。

そういった点から乾燥したダートよりも緩い馬場の方が持ち味が生かせるように思いました。

ハヤブサキラリ

牝馬にしては体幹がしっかりしており体格が十分ならワークフォースの足りない部分を補強できる血統配合。

牡馬混合は気になるものの中山競馬場のダートでも苦にせず走れる外観で初戦から注目したい。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら