ルシルクの14

ルシルクの14

ルシルク2014

この時期、馬格はありながら成長の余地を残す馬が多い父の産駒ですが、本馬は母系の影響が強く出ており、筋肉量・骨量共に申し分なくひと際目立つパワフルな馬体の持ち主です。大型馬ですが、小気味よい常歩を見せており、身のこなしも柔軟です。父と母の相性の良さが見事にはまった感のある本馬には、兄姉以上の成績を期待します。

社台系担当エージェント診断

父ステイゴールドだったグランシルクでも筋肉質にでていた。そのため、より筋力の強いヴィクトワールピサ産駒ということでより筋力系にシフトしたことで瞬発力はあまり期待できないのかも知れない。父と同様に機動力を生かした競馬の方が合いそうだ。芝とダートどちらでも楽しみの幅は広いが芝なら時計が掛かる方がよりよい結果が望めそうだ。

細かな適性や馬体ランクを知りたい方は無料診断をご利用ください。

シルクホースクラブカテゴリの最新記事