繁殖としてトゥザヴィクトリーの評価は低くキャロットに回ったところでトォザグローリーが成功したのは会員にとっては幸運だろう。個人に売ったのは成功していない。

こんなデカイのがよく走るなというのが生産者の本音だろう。どうみても特別な良さはないのに走ってしまうから競馬は面白い。

その一族の中で一番デカいと評判なのがトゥザクラウン。兄弟と比べると見た目の評価は低く、これで走られると不可思議な血統としての色を深めることになる。

なぜかキングカメハメハ牡馬になると驚くほど良好な成長ラインを描いていく。だから、募集馬の時点では高い評価は与えられないのが面倒だなと思う。

こういった異端の血統とどう付き合うべきか今後の参考にしたい。

9年プラスを証明した競馬予想サイト

多くの重賞馬オーナーを誕生させた競走馬エージェントが監修してる競馬予想サイト。


2017年も当サイトやツイッター経由の公開予想で4000%オーバーの回収率を証明!


いよいよ収益拡大に向けたシステム運用を開始しました!


どこよりも確実性の高い投資競馬を実践できる紹介枠を4keiba.comがご用意。数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。


お一人さま一度限り有効な招待コード【ns95kx】
お申し込みの時に入力してください。

9年プラスの投資競馬はこちら