サングレーザー

サングレーザーは、父ディープインパクト 母マンティスハントという血統。G1サラブレッドクラブ募集馬

サングレーザーは、前脚から球節そして繋ぎに至るスローブが緩めなのが気になるものの全体のシルエットは素晴らしくクラシックに乗っていくべき馬だと思わせてくれる。

ブルードメアのデピュティミニスターは、今年の日本ダービーを制したフレンチデピュティを輩出していることもあり楽しみは尽きない。

まだ成長の余地を残しつつも調教は動いているあたりはさすが。早くから使いすぎな印象がある厩舎が上手くローテーションを回してくれることを祈りたい。

今後の展望

評判馬のいた未勝利戦を難なく勝ち上がったものの間隔をあけた割にデキ自体は低調だった。

素質だけで勝っただけに先が楽しみではあるが体質の弱さを上手くカバーできるかがカギになりそうだ。

当然ディープインパクト産駒なので京都競馬場のような軽い芝コースの方が向いている。

まだトモも薄く全体的にピリッとしてこない点から考えると本格化は3歳秋以降になるかも知れない。

とりあえず今すぐ結果を求めるよりも長い目で完成していくのを待ちたいところ。

距離は長いほど良さそうなので菊花賞をにらんだ馬づくりがベターだろう。